すってんてん

 

昨秋、例のごとく庭のけやきの落ち葉掃きにいそしんでいたら、

『こりゃあ、大変でしょう、もうそろそろ切った方が良くないですか?』

と作業着のおっちゃんの営業にあい、ばっさりと選定することに。

剪定後のけやき

f:id:okikazu:20190315120125j:plain


 

 

 

 

 

 

それも台風が玄界灘をまさに通過している強風荒れ狂うときにきて切ったのよ。はらはらしながら見守っていたが、そこはプロ。あっというまにすってんてん!

晩秋のあいだ延延と続く、レレレのおばさん作業からあっというまに解放されたのは良かったが、このおっちゃんと一緒に来てたパンチパーマに捻り鉢巻き、ヒョウ柄のぼんたんをはいた親方らしき人から、壁も塗り替えた方がいいと嵐のような営業トーク。結局押されて年末に壁を塗り替える羽目に。。。。。まあそろそろかなあと思ってはいたが、せっせと貯めたへそくりがすってんてん・・・・・・・。

この親方とは薔薇を切る切らない、はしごの位置も花壇を極力避けるですったもんだを繰り返し(かなりはびこっていたので無理はないのだが)、あまりの私の負けん気の強さとああいえばこういう上佑トークに、『いやあ、あんた、旦那がいなけりゃ、わしがもらって商売をきりもりさせたい』とまで言わしめた私はいったい・・・・。

アーチも全部抜き去り、大きな薔薇も数本、根元を残して切り、鉢も職人さんたちの邪魔にならないよううんうんいって移動し、全部1人で片付けて、復旧も全部自分一人でやった。

『すごい薔薇愛だねえ、鉢1つ1000円から2000円として、いったいいくらつぎこんでんの?すごい額になるっしょ。』

『いやいや一羽50万もする鳩買って、鳩レースに入れ込んでるあんたにいわれたくないわあ、これぜ~んぶあわせても50万にならないも~~~ん!』

と切り返したら上記のセリフをいわれたという次第。

 

年末ぎりぎりに塗装は終了したが、はしごを外したそのときから全力で薔薇の鉢の土替え、剪定を1月いっぱいがんばって終え、ほっと一安心したら、次は娘が2番目の孫出産。夕方仕事を少し早く終え(自営はこれができる)、上の子の保育園のお迎え(送るのは娘旦那)アンド夕飯の支度アンド下の子の入浴の手伝いそして帰ってからは自宅の飯作り・・・このどたばたを一ヶ月続けたら、ばばの体力はすってんてん。

 

あ~あ、新しいカメラは久しく使っていなかったら、シャッターきっても真っ暗だし、暴れ猫フーがハードディスクを落っことして壊したし、メガネを相方に2回踏まれて、フレームがゆがんで下向いたら落っこちるし、下の子の節句の祝いもせまってきているし、すってんてんなのに~~~どうするのよお~~~。

 

f:id:okikazu:20190315120202j:plain

 

すってんてんの懐とは裏腹に、庭は雑草でてんこ盛り。バラも無事新芽をだしてわさわさしてきた。

懐もなあ、、、わさわさになってほしい。。。。

危機の後には

春の訪れをじわっと感じる大好きな祭り

f:id:okikazu:20190223090313j:plain

2019鹿児島神宮初午祭

2年ぶりの初午祭り。通い続けて10年近く。昔は祭りの担い手がいなくて存続の危機にあったこの祭りも、国の無形文化財に指定され、後継者つくりも努力されたのだろう、

f:id:okikazu:20190223095959j:plain

 

 

若者や子供、女性の姿が増え、見習いで飛び込んだこの若者も、

 

 

f:id:okikazu:20190223100021j:plain

 

 

立派な担い手になって祭りを支えている。

 

9匹目のにゃん、ふうちゃん(♀)

 

f:id:okikazu:20190223193707j:plain

 

 

去年10月末、カラスに襲われかけてるところを危機一髪保護した。後ろ足をけがしてびっこひいてたが、今は恐れを知らぬ暴れん坊に。めいちゃんのごはんを強奪するアンタッチャブルにゃん。。。。。。。いやはやどんな大人になるんだろ。。。

四苦八苦

はてなからダイアリーが閉鎖するとの連絡が来てたのは知っていたが、やっとこ重い腰をあげてブログへの移行に
チャレンジするが四苦八苦。う~~~~~ん。わから~~~ん。

ずっとほおっておいたのがいけなかったのか、浦島太郎子状態だ。
浦島太郎子、体のケアを優先してしばらく竜宮城で休んでいたのだが、
陸に上がるとネットもスマホもすごい速さで変わってゆくありさまに茫然自失。
(周りからや~や~いわれてラインもはじめたが、イマイチ使い方が・・・スマホのアルバムもマウントがどうちゃらこうちゃらで開けない・・・ああ)

浦島太郎子、がんばれ~~~~~~!!

年の暮れ

年の瀬が迫ってきている。
今年1発めの忘年会は、水炊き発祥の店水月



どうやったらこの上品で味わい深い鶏スープができるのだろう・・・。

以前ここで、沸騰させずあくを取りながらことこと煮ること、
白菜ではなくキャベツを使うこと、
キノコ類は最後に入れること、
などなど教えてもらい、水炊きを作るときは1日前から鶏を煮てスープを作るようにしているのだが、やっぱりこの味は出せないよのねぇ。

今シーズンの鍋物は、もつ鍋ができないので、水炊き〜しゃぶしゃぶ〜餃子鍋〜たまにすき焼き〜牡蠣の土手鍋(あっ!牡蠣もTU-FUによくなかったけ)〜キムチ鍋〜ほうれん草鍋(ああほうれん草も×だ)の無限ループ。締めを雑炊にするか、うどんいれるか、そうめん入れるかで、バリエーションをつけるしか・・・・・。


さてさて宴会は、一次会が水炊きで二次会が今福岡の焼き鳥屋ではやっている皮焼きを食べに行ったのだが、あまりたいしたことなかった。やっぱり焼き鳥は久留米だと確信。

何回いっても宴会もカラオケも好きになれず、いつまで続く義理のつきあい。。
たいしてうまくもない唄を(人のことは言えないのだが)延々聴かされるのは、拷問に近い。


2013年にNHKで放送された新シルクロードの再放送で流れていた音楽が、妙に耳に残って忘れられず、ヨーヨーマwithシルクロードアンサンブルにはまっている


きっかけはこのCDを手に取ったのがきっかけ。次々とCDを買い求め、映画も見に行ったし、DVDまで買ってしまった。


音が中東から西アジア、中国大陸、インド、沖縄、そして日本へとつながっているのが実感できる。紀元前の古い中国の楽曲が沖縄のじゃみせんの調べに似ていたり、モンゴルの民謡が追分のメロディそのものだったり、・・・。

通勤の車の中で、大音量で流し、体を揺らしながら不思議なボーダレスの音楽に酔いしれている。これだと誰にも迷惑かけないもんね。
12月になるとベートベンの第九月間。
ああ、今年もまた早くも暮れてゆく。

荒ぶるサスケ

9月の中旬から3週間ほど、サスケが行方不明になった。
うちにはサスケにそっくりな猫、サスケもどきがときどき外猫用のごはんを食べに来ていたのだが、どうもソイツと戦う日々を送っていたらしい。


サスケもどき、背格好、タプタプおなか、顔つき、しっぽの長さ・模様までそっくり一緒で、ぱっと見ただけでは見分けがつかない。
今までサスケの鞄持ちみたいにくっついていたキタローが、サスケ(実はサスケもどき)を追いかけたり、追いかけられたり、ケンカしたりしていたので、てっきり下克上か?!世代交代か?!サスケは行き場を失ったのか?!とすごく心配していたのだが、3週間ほどたった頃右腰のあたりをかみつかれたのか穴が開いた状態で帰ってきた。それでようやくサスケとサスケもどきの判別が付き、傷を負いながらも執拗にサスケモドキと戦いの日々を送っていたことが判明。キタローも微力ながら(ほんとに微力ね)一緒に戦っていたよう。



サスケとサスケもどきの違いは、ヒゲ。サスケは定期的にどこかの誰かからきれいにカットしてもらっているので、ヒゲを見れば区別がつくことに気づいた。おかしいのは、キタローもヒゲを定期的にカットしてもらっているようで、(どうもどこかの誰かは、にゃんこのヒゲはドラエモンみたいに同じ長さできれいにカットするものと思っているらしい)短ヒゲコンビは共同戦線をはりめぐらして、サスケもどきを追っ払うことに躍起になっているよう。


この間、またサスケモドキと一戦交えるところを目撃。後ろからしのび足でこそっと近づき飛びかかって、ものすごい肉弾戦を繰り広げていた。毛があたりに舞うほどの肉弾戦。
またもや背中を咬まれて名誉の負傷者状態で帰ってきた。いい加減やめればいいのになあ。




もう1匹の雄猫ナッツは性格が穏やかで非暴力主義者(弱猫とも言う)、戦うことは極力避ける。サスケを避け、他の野良雄猫を避け、こそこそ生活してるようでちょっとかわいそうでもある。若い一年生雄猫キタローはどうなっていくのかな。

一方、雌猫軍団は適度な距離を置きつつ共存している。



天気の良い日は、外に出てお散歩する婆猫ぽっぽ。


若いときは尖っていたがいまはちゃんと他の雌猫と挨拶して共存してる。


女営業部長、びびこ。いつも門そばで出入りする猫をチェック。体はちっこいがなかなか強いのよこれが。そして賢い。一番賢いかも。


めいちゃんがきたタイミングで腹かいて家出したモンチー姐さん。


今年出戻ってきた。たぶん雌猫の中では一番強いかも。びびこはちゃんとこの気むずかしい姐さんをたてる。


そしてKYうんち猫ぽんちゃん。


屋根の上からにゃん集会に参加。



雌猫軍団は、ときどき気の合わない物同士シャ〜シャ〜フ〜フ〜やってるが、雄猫のような激しいけんかはしない。雄猫の世界って、去勢していても、そうは問屋がおろさない厳しい世界なのかなあ。平和に共存してくれと願うばかりだ。

ゆがみ

耐えがたきを耐え続けた左腕のしびれがちっともよくならないので、以前から知人から紹介されていた整体院に行ってきた。
ばきばきされるのかと勝手にイメージを膨らませて、今まで先延ばしにしていたのだが、近頃の整体院ってこんなもの?!というくらい様変わりしているのか、変わった病院なのかちょっと驚きの整体院だった。

まず、診断によると五十肩ではなく、肩にくっついている4つのインナーマッスルのうちの1つが損傷している可能性が高いと言われる。えっ!そしたら以前行ったペインクリニックの痛い注射は何だったの?五十肩か、肩の関節の一部が破損してるって言われたのは違うわけ???
と驚く私に、症状を詳しく聞きながら、丁寧に説明してくれるのだが、まあそれがすごく納得がいった。五十肩だと肩ががっちり固まったように動かなくなる。一応90度以上くらいは腕をあげれたし。骨が欠けてるならば、痛くてどうしようもないらしい。いやあ五十肩ではなかったのね。


それと損傷している肩をかばうためか、姿勢が曲がっていることを指摘される。
ますのめにテープを張られている鏡の前に座らされ、
・右肩が下がっている(上半身が右に傾いている)
・なのに首は左に傾いている
・顔も右の目、眉、ほお骨、ほうれい線まで右に傾いている
・肩が前面にでてる(背中が前に曲がっている)
・背中が前屈みになり首が前につきでているため、顎が胸につかない
・体のゆがみが原因で股関節も正常に開かない

などなど姿勢のゆがみがあきらかに。。。。。ええええ!すごいショック!

そうなる原因は・・転ぶとか骨折するとか、ほんのちょっとの怪我とかでも、体の関節などを支える筋肉(インナーマッスル)が損傷するらしい。これが原因で、姿勢がよがんでくるんだって。で、神経を圧迫してしびれが出るという症状がでてくる。このインナーマッスル、自分でどうこうできるものではなく、自律神経の働きを受けるもので、肩が前かがみということで肩をはっても、それは後ろの肩甲骨が動いてるだけで、肩自体の前かがみはなおらない。


治療の流れとしては、まず姿勢のゆがみをとってから、しびれているところ、こわばって痛みが出ているところを電気マッサージでとっていきましょうということなのだが、さっそく受けた治療が驚きだった。棒みたいなので顔の三叉神経が通っているところを何カ所かブルブル(周波数がどうとかこうとか)されただけで、鏡にもう一度座ると、ゆがみがかなり改善してるではありませんか!!股関節もすいすい開くし、腕の上がりも耳からかなり遠かったのだが、耳そばですいっとあがる。なにあの謎の棒!!!


なんだかなあ魔法にかかった気分。自律神経が原因だったんだ。寝付きが悪いのも自律神経の働きが悪いのが原因だそうで、まずぐっすり眠れるようにしましょうねと言っていただいて、長年悩み続けてきたことに言及してもらい、息子みたいに若い医師が神様に見えた。知人が勧めてくれてたことに感謝!プロ野球選手も通ってくる隠れた名医とのこと。ほほう。。。。
5日間くらい集中してきてもらって、あとは1週間に1回、10日間に1回と徐々に伸ばしていっていいらしい。


秋が足早に去ろうとしてる今日この頃。
レレレのおばさん、


鉢の土替え肉体労働(もうぼちぼち始めているのよ)、


年末のばたばた大掃除が控えているので、体の調子を整えられるのは素直に嬉しい。

近況

しばらくパソコンから遠ざかっている間にいらぬ心配をおかけして申し訳ございません。
いろいろ理由はあるのだが、
パソコンがない時期がしばらく。。。。
新しいパソコンの設定にすったもんだ。。。。
その間、難解な星の本にはまっていて、一章読むのに1週間から2週間、つっかえもっかえのたうち回りながら夢中になって読んでいた(まだ十分の一しか読み進んでない)。。。。

どうも根を詰めすぎたのが良くなかったのだろうか・・・・。


9月から娘は仕事に復帰し、孫のお世話からは解放されたのだが、ばかたれ相方がTO-FUを再発症し(今度はアキレス腱というか踵あたり)、しばらく杖(ばーちゃんが使っていたのを物置から引っ張り出し)生活を余儀なく。。。。今度ばかりはさすがのあんぽんたんも懲りたらしい。いや懲りろよ!


発症するその1週間前岡山の奥地を旅したのだが、奥岡山と言えば津山ホルモンの聖地。ホルモン焼きうどんソウルフード。このあたりのホルモンの5倍くらいの大きさのやつがど〜〜〜ん。キャベツとネギと特製のたれで鉄板でちゃっちゃと焼く。。。確かに美味しかったよ。でもなんと3人前!ど〜んと頼み、食べ終わったあとも近くの肉屋に飛び込んで、夜の焼き肉のホルモンをこれまたど〜んと調達して、おいしいおいしいと完食。お調子こいたツケは大きかった。


さすがに今回は懲りたらしい。まあね、毎日車での送迎(私は専属運転手)。CS第2戦のチケット持っていたので、杖をつきつきそれこそ這うようにドームまでいき介護付き観戦。階段もいざりながらでないと登れないし、当然めいちゃんの散歩にも行けない。。。ば〜かば〜か!!!
「いやあ、毎日社長出勤であんたいい身分じゃん。」という嫌みが効いたのか、散歩に連れて行けないという自責の念が強かったのか、「俺は健康に良い食事なんて嫌いだ〜!肉だ〜!肉だ〜!牛肉だ〜!ラーメンだ〜〜〜〜!!!喉元にうっとくるまで食べないと嫌だ〜〜〜。」が決めぜりふだったが、食生活の見直し、腹八分目、体に悪いものは避けるなどなど・・・まあ素直にゆうことを聞くこと!聞くこと!



その介護疲れが出たのかどうかわからないが、この頃から左肩を支える脇の筋肉のしびれと肩胛骨の凝りがひどくなった。根をつめられないというか、疲れやすいというか、余裕がないというか。
今はやりの筋膜はがし運動やら、寝るときに凝ってるところと背中にテニスボールをはさんでぐりぐりしたり。。。そしてもちろん休日は温泉に通い、



やっぱり温泉よねぇ〜〜〜〜。ゆったり、まったり。



と炭酸泉の湯に通いつめ、どうやらこうやらパソコンに向かえるように・・・・・。



温泉の美人看板にゃん。


健康第一、食生活、何をどう食べるか大事よね。と痛感する今日この頃。